他の治療法と組み合わせて再発を予防!超音波で多汗症治療

chouonpa多汗症の中でもワキの多汗症である「腋窩多汗症」の治療法として、超音波による治療法が挙げられます。

メカニズムとしては、マイクロレーザーととてもよく似ているのですが、ワキに超音波を照射することで汗腺を破壊し汗が出ないようにする効果があります。

では、超音波による治療について詳しく見ていきましょう。

スポンサードリンク

超音波による治療内容

超音波を用いた治療では、皮膚にメスや針を入れることは一切しません。

ワキに超音波の振動を与えるだけで、汗腺を破壊していくのです。

こんな風に書くと、汗腺だけでなく血管や神経など他の部分にも影響があるのでは?と不安を感じる方もいますね。

しかし、そのようなことはありませんので安心して下さい。

音波には周波数が存在しますね。
超音波による治療では、汗腺だけを破壊するよう周波数を調整していますので、他の部分にまで影響が出るということはないのです。

このように汗腺だけを超音波によって破壊することで、汗をかかないようになるのです。

費用の相場は、健康保険が適用されない為、全額自己負担で両ワキ10~45万円程となります。

皮膚を直接傷付けることがない為、副作用がほとんどないのが特徴です。

最近の超音波治療

腋窩多汗症の治療として用いられる超音波による治療ですが、最近は超音波の治療にプラスαとして他の治療法を組み合わせて行なうクリニックが多く存在します。

その理由としては、汗腺を破壊しただけでは再発してしまう可能性が高いからだといえます。

私たち人間の身体には自己再生機能が備わっている為、細胞を破壊しただけでは時間の経過と共に再生し元に戻ってしまう可能性があるのです。

せっかく治ったのにまた!?多汗症って再発するの!?

その為、超音波による多汗症の治療にプラスして再発を防ぐ為に他の治療法と組み合わせているケースが増えているという訳です。

例えば、超音波吸引法。
こちらの場合、少し傷跡が残ってしまう場合もあるのですが、超音波で汗腺を破壊した後、破壊した汗腺を吸引し除去してしまいます。

こうすることで、細胞を取り除くことができるので再発を予防することができます。

クリニックによって方法は様々ですが、超音波による多汗症治療を検討されている方は、各クリニックのホームページにてどういった方法を用いているのか確認されることをおすすめします。

スポンサードリンク

このページの先頭へ