日帰り手術もできる!多汗症の手術方法と気になる費用

shujyutsu多汗症の治療法はいくつか存在しますが、その中には手術という方法もあります。

しかし、手術による治療法は全ての多汗症に有効という訳ではありませんので注意が必要です。

多汗症の中でも手術が可能な多汗症の種類は、

となります。

では、それぞれどんな手術が行なわれるのか?
部位別に詳しく見ていきましょう。

スポンサードリンク

多汗症の手術内容

手掌多汗症

手掌多汗症の場合、ETS(腔鏡下胸部交感神経遮断術)を行なうことで症状を改善させる効果があります。

ワキの下に数ミリの穴を開け、そこから内視鏡を入れ交感神経の束を切断若しくは、焼き付けます。

こうすることで、汗をかく神経がなくなりますので汗を止めることができるのです。

手術に掛かる時間は30分と短く、病院によっては日帰りで終わるケースも珍しくありません。

費用は健康保険が適用された場合、3割負担で10万円前後が相場となっています。

手術時間も短く、傷口も小さく痛みが少ないというメリットがある反面、副作用として代償性発汗といって手に汗をかかなくなる代わりに他の部位からの 汗が増えてしまうケースや汗をかく量が減る為、体内に熱がこもりやすく以前より暑がりになったりほてりを感じるようになってしまう場合もあります。

足蹠多汗症

足蹠多汗症の場合、腰部交感神経節ブロックという手術が行なわれます。

足の裏の汗腺に指令を出す交感神経にブロック針を刺し、アルコールなどの薬液を注入することで、足の裏からの汗を出す指令をブロックする為、発汗しなくなるという効果があるのです。

手術時間は約1時間と短く、病院によっては日帰りで終わる場合もあります。

また、針を刺す際、鎮痛剤を点滴しながら行うこともできますのであまり痛みを感じることがありません。

費用としては、健康保険が適用された場合、3割負担で6,000円+入院費用が相場ですのでリーズナブルですね。

しかし、腰部交感神経節ブロックにも副作用が存在します。

まず、代償性発汗といって足に汗をかかない分他の部位からの汗が増えてしまうケースも珍しくありません。

また、男性の場合、射精障害を引き起こしてしまうケースもありますので注意が必要です。

腋窩多汗症

腋窩多汗症の場合、剪除法といって本来はワキガの方に行なう手術法を行ないます。

ワキの下を3~4cm切開し、汗腺の一つであるアポクリン腺を完全に取り除きます。

手掌多汗症で行なわれるETSと違い、神経に触れることがない為、代償性発汗になってしまう可能性は低いと考えて良いでしょう。

手術時間は約2時間とあまり長くはありませんが、術後処置などもありますので治療期間は1週間程掛かってしまいます。

費用としては健康保険が適用される場合、3割負担で5万円程が相場となりますが、美容外科などの保険を取り扱っていないクリニックや特殊な器具を用いて手術を行なう場合、健康保険適用外となってしまい30万円程掛かってしまいます。

また、副作用としては傷跡が残ってしまったり、傷跡が色素沈着しまう、ワキのムダ毛が70%程減少するなどが挙げられます。

ワキのムダ毛に関しては、女性にとってはメリットとなりますが、男性にとってはデメリットとなってしまう場合もありますね。

副乳多汗症

副乳多汗症の場合、副乳を摘出する手術を行なうことで症状が改善されます。

「摘出」という言葉を聞くと何だか身体に影響が出てしまうイメージがありますが、元々副乳は身体にとって必要のないものなので、摘出してしまっても特に問題はないのです。

手術時間は30分~1時間程で、日帰り手術が可能です。

費用としては、5~20万円が相場となっています。
病院によって、健康保険が適用される場合とされない場合がありますので、詳しくは病院へ問い合わせてみましょう。

副作用としては、傷跡が残ってしまう、傷跡が色素沈着してしまうなどが挙げられます。

多汗症の手術を行なう上での注意点

手術を行なうことで症状が改善されるなら、是非手術を受けたいと考える方も少なくないでしょう。

しかし、手術を行なう上で気を付けて頂きたい点があります。

それは、メリットだけでなくデメリットもしっかりと理解した上で決断することです。

特に手や足の多汗症手術の場合、副作用として代償性発汗が挙げられますがこの副作用は実際に手術を行なった方の約96%に起こっているといわれています。

症状の差はあるものの、多くの方が副作用を実感されていますので、手術を行なう上で代償性発汗の副作用は出るものだと考えておく方が良いでしょう。

また、手術を行なう前はしっかりと医師とカウンセリングを重ねることも大切ですので、納得いくまでカウンセリングを行いましょう。

スポンサードリンク

このページの先頭へ