手汗が酷くて握手が・・・。突発的な場合や仕事で断れない時はどうすれば?

ビジネスの場面では先方に握手を求められる機会もありますね。

相手に握手を求められたらどうすれば良いのか?

思い切ってその場で多汗症であることをカミングアウトしてしまいましょう。

多汗症というと本人にとってはとても深刻なことですが、他人はあまり深刻に捉えないケースも多く、握手を求められた際「申し訳ございません。私、多汗症でして・・・」と話しながら手をハンカチで拭けば相手は「そうなのですか?」とそのまま握手を流してくれたり、豪快な人などは「そんなの気にしないよ!」とそのまま握手をしようとする人もいます。

何も言わずに握手に応じ、相手に手汗をつけてしまうよりカミングアウトしてしまう方が後味も悪くなりませんのでおすすめですよ。

また、多汗症向けの手足専用のデオドラント「デトランスα」を試してみるのもおすすめです。
デトランスαはワキガや多汗症治療で使われる外用薬と同様の効果がある、実際に多くの多汗症専門治療のクリニックで使用されている制汗剤になります。

detrans-teashi_468_60
⇒ デトランスαの詳細はこちら

detrans-teashi_320_50
⇒ デトランスαの詳細はこちら

スポンサードリンク

このページの先頭へ