効果抜群!?今話題のドライオニックをチェック!

drionic局所性多汗症の中でも主に手や足、ワキの多汗症の治療法の一つとしてドライオニックという方法があります。

ドライオニックとは、イオントフォレーシス治療といって多汗症の部位を水道水に浸し、そこに弱い電流を流し電気分解させることで、汗腺にダメージを与え汗の生成を抑制する方法のことをいいます。

ドライオニックを使用し続けることで効果が持続する為、何度か使用したら完治できるというものではありませんが、個人差はあるものの汗の抑制効果は高い方法の一つで、多汗症にお悩みの方の約8割に有効だと言われています。

では、ドライオニックを使用するにはどうしたら良いのでしょうか?
詳しく見ていきましょう。

スポンサードリンク

ドライオニックを購入するには!?

ドライオニックは、アメリカのジェネラル・メディカル社が販売している製品で海外から個人輸入(通信販売)することで購入が可能です。

また、日本で輸入・販売を行なっている代理店もありますので、個人輸入に不安のある方はこうした代理店を利用すると良いでしょう。

価格は為替の相場によっても変わる為、一概にはいえませんが大体2万円程になります。

決して安価とはいえませんが、イオントフォレーシス治療を定期的に続けていかなくてはいけない為、定期的に医療機関へ通院し治療を続けることを考えると結果的に安い買い物になると考える方も多いですね。

但し、汗の抑制効果が高いとはいえ中には効果を得られないという方もいらっしゃいますので、まずは多汗症の治療を行なっている医療機関にてイオントフォレーシス治療を行ない、効果を得ることができてから購入されることをおすすめします。

ドライオニックを使用する上での注意点

手や足、ワキなど局所性多汗症の症状を改善する効果の高いドライオニックですが、使用する上で注意して頂きたい点があります。

1、メンテナンス

ドライオニックは、前述した通り海外製品の為、バッテリーや部品の交換といったメンテナンスに手間が掛かってしまいます。

2、副作用が出る場合も

イオントフォレーシス治療は、汗腺細胞の細胞膜のイオンの出入りを阻害し汗を生成を抑制する為、少なからず皮膚への負担も掛かってしまいます。

湿疹やかゆみ、皮むけ、水泡などといった副作用が出る場合もありますので、まずは医療機関で使用してから購入を検討されることをおすすめします。

3、妊娠中の方やペースメーカーを使っている方は使用禁止

ドライオニックの取り扱い説明書にも記載されていますが、ドライオニックを始めイオントフォレーシス治療の場合、妊娠中の方やペースメーカーを使用されている方は治療を受けることができませんので注意しましょう。

このようにドライオニックを使用するに当たり、注意して頂きたい点がいくつか存在しますが、使用上の注意を守り正しく使用する分には安全だと考えて良いでしょう。

また、使っているうちに副作用とも取れる体調の変化があった場合には速やかに使用を中止し医師に相談されることをおすすめします。

スポンサードリンク

このページの先頭へ