外出先でも悩まない!お出掛け時におすすめしたい汗対策

gaishutsu

多汗症にお悩みの方の多くは、外出時の汗対策に一番苦労しているといっても過言ではありませんね。

多汗してしまう部位によって、汗対策の仕方は変わってきますがどの種類の多汗症であっても汗対策をせずに出掛けるのは難しいというのが正直なところでしょう。

また、大量に汗をかいてしまうことで汗ジミはもちろん、周囲に汗の匂いがバレていないか気になるという方も少なくありません。

多汗症の症状が改善されれば汗対策に悩むこともなくなりますが、すぐには治療ができない、治療を行なっているもののなかなか改善されていかないという方も多いですね。

そこで、多汗してしまう部位別に適した汗対策を見ていきましょう。

スポンサードリンク

多汗部位別汗対策

一口に多汗症といっても大量に発汗してしまう部位には、個人差があり発汗してしま部位によって多汗症の名称も変わってきます。

その為、「汗対策」といっても発汗する部位によって適した方法が変わってくるという訳です。

そこで、多汗症の症状がある部位別に適した汗対策を紹介していきましょう。

全身、背中、おしりなど広範囲の場合

多汗部位が広範囲である場合、一番有効な対策法は着替えを持ち歩くことだといえます。

とはいっても荷物が増えたり、内勤の方の場合、着替えたことが周りに分かってしまうのが嫌という方もいますね。

そこでおすすめしたいのが、インナーの着用です。

インナーでしたら、あまり嵩張りませんしかいた汗をしっかりと吸収し汗ジミを予防することができます。

また、インナーを着ても汗ジミができてしまうという方は汗をかく部位にタオルを入れておくのも一つの方法です。

あまりフィットした衣服だと目立ってしまいますが、肌 → タオル → インナー → 衣服の順で着て、汗をかいたらタオルとインナーを取り替えるだけでも大分変ってきますのでおすすめです。

また、服の素材でも変わってきますので綿などの通気性の良い素材で作られた衣服を着るのも良いでしょう。

顏や頭部の多汗症の場合

顏や頭部は、隠すことができない部位な為、汗ジミはできないものの汗をかいていること自体が周囲に分かってしまう為、汗をかかない対策をしたいと考える方が多いですね。
では、どうしたら良いのでしょうか?

まず顔に汗をかいてしまう方の場合、濡れたハンカチや保冷剤などを用いて首の後ろを冷やすことをおすすめします。首の後ろを冷やすことで顔のほてりが落ち着き、汗をかきにくくなります。

汗をかいてしまったら女性の場合、気になるのがメイク崩れですね。

メイクはあまり厚塗りせず、ファンデーションはパウダータイプの「水あり」を使用すると良いでしょう。汗をかいても落ちにくいだけでなく、崩れにくくなりますのでおすすめです。

ウォータープルーフタイプのファンデーションでも良いのですが、薄付きタイプが少なく多汗症のように大量に発汗してしまう場合、汗で流れ始めると崩れやすくなってしまうこともありますので注意が必要です。

次に頭部に汗をかいてしまう場合、頭頂部を触ってみて熱いと感じたらその部分を冷やすことで汗を予防することができます。

また、既にかいてしまった汗については髪形で対応すると良いでしょう。

男性の場合は短髪に、女性の場合はすっきりとまとめてしまう方がいつまでも汗が流れてくることが少なくなりますのでおすすめです。

手や足の多汗症の場合

手に大量に汗をかいてしまう場合、ハンカチやタオルでこまめに拭き取ることが一番の方法だといえます。

中には、綿手袋を使用する方もいますが、人によっては長時間手袋を着用することで湿疹ができてしまう方もいますので注意が必要です。綿手袋を着用する場合は、こまめにはずすこと、濡れた綿手袋を長時間着用しないようにしましょう。

足に大量に汗をかいてしまう場合は、靴下をこまめに取り替えること、靴の中に通気性の良いインソールを入れることをおすすめします。

また、デオドラントで汗対策をするのもおすすめです。

ただし、市販のデオドラントは一般向けに作られている為、多汗症の方の場合はあまり効果が期待できません。多汗症の場合は「デトランスα」のような多汗症向けのデオドラントを使用しましょう!

detrans-teashi_468_60
⇒ デトランスαの詳細はこちら

detrans-teashi_320_50
⇒ デトランスαの詳細はこちら

ワキの多汗症の場合

garden-clinic200-167ワキから大量に発汗してしまう場合、一番良い方法はビューホットで完治させてしまうことです。

ビューホットはいま一番注目されているワキガや多汗症治療の専用マシンで、ニオイの元となるアポクリン汗腺と汗の元となるエクリン汗腺を熱で同時に破壊し、即時にワキガや多汗症を解消してくれます。

効果も確実で1.2回の治療で完治することが証明されています。ビューホットで治療した場合は再発の心配もありません。

ビューホットの登場によりわき汗に悩む時代はもう終わったと言っても良いでしょう。根本的に解決出来るためわき汗でお悩みの方はビューホットで完治させてしまうことを是非おすすめします。

garden_468_90
⇒ ビューホットの詳細はこちら

garden_320_50
⇒ ビューホットの詳細はこちら

その他には、手軽に出来る対策として汗わきパットの使用があります。

洗濯して何度も使用できるタイプや使い捨てタイプなどがありますので、ご自身の使いやすいタイプを使用されると良いでしょう。

また、汗わきパットをしていても長時間使用していると汗わきパットがついていない部分へと汗ジミが広がってしまうケースも珍しくありません。

長時間の使用は匂いの原因にもなりますので、汗を大分かいたなと感じたらこまめに取り替えると良いでしょう。

また、ワキの部分が二重構造になっているインナーも存在します。

汗わきパットだけでなくこうしたインナーと併用することもおすすめです。

汗対策の注意点

汗対策を行なっている方の中には、自己流で行なっている方も少なくありません。

間違ったセルフケア」にて詳しく解説していますが、中には良いと思っていた汗対策が逆効果だったということもありますので、注意しましょう。

スポンサードリンク

このページの先頭へ