人に見られて恥ずかしい・・・顔から発汗する顔面多汗症とは?

ganmen顏から大量に発汗してしまう顔面多汗症。

顏は他の部位と比べ人目につきやすく、隠すことも難しい為、多汗症の中でも特に精神的ストレスの大きい多汗症だといえます。

他にも女性の場合、メイク崩れやひどい時には汗をかきすぎてメイクができないという方も少なくありません。

そんな顔面多汗症の詳しい症状や原因を見ていきましょう。

スポンサードリンク

顔面多汗症の症状

顔面多汗症とは、その名の通り顔から季節や気温などは関係なく大量に発汗してしまう多汗症です。

多汗症には様々な種類が存在しますが、顔面多汗症の場合、汗をかく部位が顏である為、人目につきやすく他の部位で起こる多汗症と比較すると精神的負担が大きくなってしまいます。

また、女性の場合、顏から大量に汗をかいてしまう為、メイクが崩れやすく場合によってはメイクすらできないという方も珍しくありません。

更に、顔面多汗症の症状に悩まれている方の中には「汗をかいているのを他人に見られて恥ずかしい」「メイクができないので、人と会いたくない」な ど、周囲の目が気になり外出することや人目に触れることにストレスを感じるようになってしまったり、中には発汗恐怖症といって発汗することに不安や恐怖を 感じるようになってしまうケースもあるのです。

顔面多汗症の原因

多汗症は、原因不明であるケースも珍しくありませんが、顔面多汗症の場合、主な原因は2つ挙げられます。

1、自律神経の乱れ

精神的ストレスや不規則な生活、睡眠不足など誰でもありがちなことで自律神経のバランスは乱れてしまいます。

自律神経には、交感神経と副交感神経とがあり、発汗を促す交感神経が優位に立ち強く反応してしまうことで発汗しやすくなってしまうのです。
また、顏に大量に汗をかいてしまうことで人目が気になり、それがストレスとなることで交感神経が強く反応し更に汗をかいてしまうという悪循環に陥ってしまうケースも少なくありません。

顔面多汗症の場合、治療法が他の部位と比べると限られてしまうのですが、カウンセリングなどの心理療法や自律神経をコントロールする方法として鍼灸治療などが有効だといわれています。

また、発汗恐怖症の方や発汗することに強いストレスを感じられる方の場合、精神的負担を軽くする為の治療を行なうことも有効です。

2、更年期障害

40歳以降の女性に多い原因の一つに、更年期障害が挙げられます。

女性ホルモンの分泌量が減り、ホルモンバランスが乱れることでホットフラッシュといって顔に強いほてりを感じたり、顏から大量に発汗してしまうという症状があるのです。

この場合、ホルモンバランスを整える治療を行なうことで顔からの発汗も落ち着いてくるといわれています。

また、最近では若年性更年期障害といって20~30代の女性でもホルモンバランスが乱れることで更年期障害を発症してしまうケースもありますので、顏から大量に発汗する以外にも更年期障害と似た症状がある方は一度婦人科を受診されることをおすすめします。

スポンサードリンク

このページの先頭へ