何でここだけ汗をかくの?身体の一部から大量発汗する局所性多汗症

kyokusho多汗症の一つに「局所性多汗症」という種類の多汗症があります。

局所性多汗症とは、身体の特定の部位で発生する多汗症で汗腺が集中している手や足、ワキ、股間などを始め、顔面や頭部などに起こる方も少なくありません。

多汗の起こる部位は、人それぞれですが部分的に大量に汗をかいてしまうことで様々な問題や悩みが出てきます。

では、「局所性多汗症」にはどんな症状があるのでしょうか?
何故、起こってしまうのでしょうか?

早速、見ていきましょう。

スポンサードリンク

局所性多汗症の症状

局所性多汗症は、多汗症と診断された方の中でも最も割合の多い種類の多汗症で、手や足、ワキ、股間、顔面や頭部など身体の一部分から季節や環境など関係なく大量に発汗してしまうという症状があります。

また、一部分に限らず全身ではないものの複数の部位から多汗してしまうという方も少なくありません。

局所性多汗症の場合、大量に発汗してしまう部位によってそれぞれ違い、例えば手から大量に発汗する症状のある方は「手掌多汗症」、ワキから大量に発汗する症状のある方は「腋窩多汗症」となります。

局所性多汗症は身体の一部分若しくは複数部分から大量に発汗してしまうことで様々な問題点や悩みを持たれている方が多いと言われています。

更に、汗を大量にかいてしまう部位によっては汗対策が難しい部位もあり、精神的な負担を強いられている方も少なくありません。

局所性多汗症の原因

多汗症の場合、原因不明なケースも珍しくはない為、一概に言い切ることはできませんが、局所性多汗症の場合、主の原因は2つ挙げられます。

1、自律神経の乱れ

ストレス社会といわれる現代、ストレスを溜め込みやすい方は珍しくありませんね。

また、不規則な生活や睡眠不足、ホルモンバランスの乱れなどによって自律神経のバランスが崩れ交感神経が優位に立ってしまうと発汗しやすくなってしまいます。

特に、手や足、ワキ、股間などは汗腺が集中している為、交換神経が活発になることで発汗しやすくなってしまうのです。

2、精神的なストレス

これは、自律神経の乱れともリンクしていますが、極度のストレスを受けることで自律神経が乱れ汗腺が集中している部位を中心に大量に発汗してしまうケースがあります。

また、大量に発汗してしまうことに対してもストレスを感じ更に発汗してしまうという悪循環に陥ってしまうケースも珍しくありません。

スポンサードリンク

このページの先頭へ