刺激物を食べると汗がダラダラ・・・味覚性多汗症について

mikaku辛い物や熱い物、酸っぱい物など刺激物を食べると大量に発汗してしまう多汗症があることをご存知でしょうか?

こうした刺激物を食べることで大量に発汗してしまう多汗症のことを「味覚性多汗症」といいます。

他の多汗症と違う点は、発汗してしまう理由がはっきりと分かっていることですね。

その為、多汗をコントロールしやすいのも特徴です。

しかしこの味覚性多汗症、何故、刺激物を食べることで大量に発汗してしまうのでしょう?

味覚性多汗症の詳しい症状とその原因を見ていきましょう。

スポンサードリンク

味覚性多汗症の症状

味覚性多汗症とは、辛い物や熱い物、酸っぱい物といった刺激物を食べることで大量に発汗してしまう症状をいいます。

しかし、個人差はあるものの誰でも多少は食べた物によって発汗することはありますよね。

例えば、スパイスの効いたカレーや鍋物、唐辛子など香辛料がたっぷり使われている韓国料理など、食べているうちに身体がポカポカと温まりそのうち汗が出てくるということは珍しくないでしょう。

では、このように刺激物を食べたことで汗をかいてしまう人は皆、味覚性多汗症なのでしょうか?

いいえ、そうではありません。

味覚性多汗症の方の場合、刺激物を食べた時に出る汗の量が人並み外れて大量となってしまうのです。

汗をかく部位に関しては、人によって様々なのですが傾向としては額や頭部、鼻の辺りから大量に発汗される方が多いといわれています。

酷い方の場合、刺激物を食べた後は額や頭部、鼻の辺りからの発汗によりお風呂上りのようにビッショリになってしまうという方も珍しくありません。

汗対策として一番有効なことは、汗をかきたくない場面では刺激物を食べないことだといえるでしょう。

刺激物を食べない限りは多汗症の症状が出ませんので、他の多汗症の症状と比べると対策はしやすいですね。

しかし、汗をかいてしまうことで外で食べられない物が出てくるというのも不便ですので、改善したいと考える方も少なくありません。

味覚性多汗症の原因

刺激物を食べることで大量に発汗してしまう味覚性多汗症。

では、この味覚性多汗症の原因は何なのでしょう?

味覚性多汗症の場合、はっきりとした原因はまだ分かっていませんが、辛い物や熱い物、酸っぱい物といった刺激物や人によってはチョコレートやチーズなどを食べることで、血流が良くなり発汗してしまうと考えられています。

こんな風に書くと、それでは身体に良いこと!?と思われる方も多いでしょうね。

確かに血流が良くなることは身体に良いことなのですが、味覚性多汗症のように大量に発汗したまま水分を摂らないと脱水を起こしやすくなってしまったり、発汗による精神的な負担も大きくなりますので身体に良いとはいえませんね。

また、味覚性多汗症は他の多汗症の手術を行なった患者さんの約20%に合併症として現れる症状の一つでもありますので、多汗症手術後から味覚多汗症になってしまったという方は手術をした医師に相談されることをおすすめします。

スポンサードリンク

このページの先頭へ