ストレスが原因で大量発汗?精神性多汗症の症状とは?

seishin極度の緊張や不安、恐怖心といったストレスを感じた時に大量に発汗してしまう多汗症を精神性多汗症といいます。

誰でも緊張や不安、恐怖心などを感じると平常心を保つことが難しくなってしまうということは珍しいことではありませんが、精神性多汗症の方の場合、 こうした緊張や不安、恐怖心といったストレスが発汗という形で表れてしまうことで更に人目が気になるようになってしまい悪循環に陥りやすくなってしまいますので注意が必要です。

では、精神性多汗症の詳しい症状とその原因を見ていきましょう。

アセッパー
⇒ 満足度91.7%の多汗改善専用サプリ【アセッパー】
効果が無ければ全額返金!

アセッパー
⇒ 満足度91.7%の多汗改善専用サプリ
効果が無ければ全額返金!

精神性多汗症の症状

精神性多汗症とは、極度の緊張や不安、恐怖心などといったストレスを感じることで大量に発汗してしまう症状をいいます。

  • 人前に出ると緊張して大量に汗をかいてしまう
  • 上司や先生など目上の人と話す時に、大量に汗をかいてしまう
  • 異性の前だと緊張して大量に汗をかいてしまう
  • 不安を感じると汗が大量に出てくる
  • お化け屋敷やジェットコースターに乗る前など恐怖から大量に汗をかいてしまう

など、症状は人それぞれですが、緊張や不安、恐怖心などといったストレスを感じることで大量に発汗してしまうという点ではどれも共通した症状ですね。

また、対人に関する緊張や不安、恐怖心といったストレスを感じた時にだけ大量に汗をかいてしまうという方も珍しくありません。

こうした方の場合、精神性多汗症の裏に対人恐怖症や対人関係の大きなストレスが隠れている場合もありますので、注意が必要です。

精神性多汗症の原因

多汗症の原因は、はっきりとしないケースも珍しくありませんが、精神性多汗症の場合、大きな原因は「ストレス」による自律神経の乱れだといえます。

ストレスを受け続けることで、自律神経である交感神経と副交感神経のバランスが乱れてしまい発汗を促す交感神経が活発になることで発汗しやすくなってしまうのです。

また、こうした状態のまま強いストレスを受けることで交感神経は更に活発になってしまう為、緊張や不安、恐怖心などといった精神的なストレスを受けることで大量に発汗しやすくなってしまいます。

多汗症の治療法は複数存在しますが、精神性多汗症の場合、多汗症の治療を行なうだけでは根本的な原因である「ストレス」からは解放されない為、改善が見られないケースも少なくありません。

精神性多汗症の方の場合、根本的な原因となるストレスを解消すること、そして、ストレスを受けにくくする為に多汗症の治療と同時に心理的な治療を行なうことが有効です。

また、多汗症の裏に対人恐怖症や対人関係による強いストレスを抱えている方の場合、こちらの治療も同時に行なうことで更に症状は改善されると期待して良いでしょう。

アセッパー
⇒ 満足度91.7%の多汗改善専用サプリ【アセッパー】
効果が無ければ全額返金!

アセッパー
⇒ 満足度91.7%の多汗改善専用サプリ
効果が無ければ全額返金!

スポンサード リンク

このページの先頭へ