頭から大量に汗が!頭部多汗症とは?

toubu頭部から大量に発汗してしまう多汗症を頭部多汗症といいます。

頭部から大量に発汗してしまうことで、髪が洗髪直後のようにビッショリと濡れいつまでも乾かないという方も珍しくなく、人目にもつきやすいため精神的負担の大きい多汗症の一つだといえます。

また、他の部位であれば汗を拭き取ることができるものの、髪がある程度の長さ以上ある場合、髪が汗を吸ってしまっている為、拭き取るだけではなかなか乾かず汗が落ち着いた後も髪を伝ってポタポタと汗を滴り落ちてきてしまう為、対策が難しい多汗症でもあります。

では、そんな頭部多汗症の詳しい症状と原因を見ていきましょう。

スポンサードリンク

頭部多汗症の症状

頭部から大量に発汗してしまう頭部多汗症。

季節や気温、環境など関係なく、頭部から大量に発汗してしまうことで様々な問題が生じてしまいます。

  • 髪形が崩れやすくできる髪形が限られてしまう
  • 髪が汗で濡れいつまでも乾かない為、人目につきやすい
  • 汗が髪を伝ってポタポタと顏や首、肩などに滴ってくる
  • 髪が汗でいつまでも濡れていることで、頭痛を起こす場合がある
  • 冬場などは汗で濡れた髪が冷え、風邪や肩こりなどを起こしやすい
  • 匂いの問題
  • 汗がいつまでも乾かないので頭皮に湿疹ができやすい

他にも、汗を拭き取っても髪が濡れてしまうといつまでも乾かない為、人目につきやすく「雨にでも打たれたの?」「シャワー浴びた?」など他人の心ない言葉に悩まれる方も少なくありません。

こうして見ると、頭部多汗症の場合、大量に汗をかいてしまうことはもちろん、汗対策が難しく汗が引いても髪が完全に乾くまでには時間が掛かる為、他の部位と比べると精神的負担や問題点がかなり大きいということが分かりますね。

頭部多汗症の原因

頭部多汗症の場合、主な原因は2つ挙げられます。

1、精神的ストレスによる自律神経の乱れ

ほとんどの場合がこちらに当たると考えて良いでしょう。

精神的ストレスを強く受けると自律神経のバランスが乱れ、交感神経が優位に立ちやすくなってしまいます。交換神経には、発汗を促す働きがある為、汗をかきやすくなってしまうのです。

また、イライラや不安などを感じている時、頭を触ると分かるのですが血液が頭に昇ることで頭が熱くなっていることがあります。

このような状態になると熱に弱い脳を冷やす為に発汗しやすくなるのです。

頭部多汗症の場合、他の部位と比べ治療法が限られているのですが、カウンセリングなどの心理療法や自律神経をコントロールする鍼灸療法などが有効だといわれています。

2、病気によるもの

糖尿病や更年期障害など病気が原因で頭部から大量に発汗してしまうというケースもあります。発汗以外にも気になる症状がある場合は、一度医師に相談されることをおすすめします。

実は病気が原因だった!?多汗症の裏に潜む病気の影

スポンサードリンク

このページの先頭へ