多汗症で肌トラブル続出?実は汗じゃなくて対策に問題があった!

hadatoraburu多汗症の症状にお悩みの方の中には、汗疹や肌荒れ、肌の乾燥などにお悩みの方も少なくないですね。

汗を大量にかくことで、様々な肌トラブルを起こしてしまう方は珍しくありません。

季節や気温など関係なく、大量に汗をかいてしまう多汗症の場合、一年を通して汗をかいてしまいますので、肌には常に負担が掛かってしまうのも事実。

しかし、こうした多汗症が原因となって起こる肌トラブルを予防することはできないのでしょうか?

詳しく見ていきましょう。

スポンサードリンク

多汗症による肌トラブルを防ぐには!?

多汗症の症状に苦しんでおられる方の多くが悩む様々な肌トラブル。

一年を通して汗をかくことが多い為、肌には常に負担が掛かっており肌トラブルを起こしやすくなってしまいます。

こうした多汗症の症状によって起こる肌トラブルを防ぐにはどうしたら良いのでしょうか?
症状別に見ていきましょう。

汗疹(あせも)

汗疹は、汗をかいたまま拭き取らずにいることで汗や皮脂、角質などが毛穴に詰まり出来てしまいます。

既に汗疹が出来てしまった場合は、悪化を防ぐためにも早めに塗り薬などを用いて改善を促しましょう。場合によっては、皮膚科を受診し軟膏を処方してもらうのも良いでしょう。

また、汗疹を予防するには、汗をかいたらこまめに拭き取り、毎日入浴するよう心掛けると良いでしょう。

夏場など暑い日はついついシャワーで済ませてしまいがちですが、入浴することで毛穴が開き毛穴の詰まりを予防することができますので、なるべく入浴するようにしましょう。

肌荒れ

汗疹を予防する為には、かいた汗をこまめに拭き取ることが大切ですが、汗の拭き方によっては肌荒れを起こしてしまいますので注意が必要です。

汗を拭くタオルは、肌への負担が少ないコットン素材などを使用し、擦るように拭き取るのではなく、抑えるように拭き取ります。

こうすることで肌とタオルとの摩擦を防ぎ、肌荒れを予防することができるのです。

肌の乾燥

多汗症の方の中には肌の乾燥にお悩みの方も少なくありませんね。
汗をかいているのにどうして?と感じる方も多いでしょう。

しかし、汗を大量にかいているからこそ肌は乾燥しやすくなってしまいます。

汗をかいている時、実は肌の水分も同時に奪われていくのをご存知でしょうか?

汗をかくということは、毛穴が開いた状態となります。

毛穴が開いた状態が続くと肌の水分も蒸発してしまう為、乾燥しやすくなってしまうのです。

また、汗を拭き取る時や汗を洗い流す時、汗と同時に肌の油分も一緒に奪われてしまいます。

その為、肌を保湿している油分がなくなり更に乾燥しやすくなってしまうのです。

肌の乾燥を防ぐにはローションで保水した後、ミルクやクリームで保湿することが大切ですが、汗を大量にかいてしまう多汗症の方の場合、保湿後に汗をかくことで肌がベタベタと気持ち悪くなってしまいますね。

そこでおすすめしたいのが、保湿ジェルです。

肌にスーッと馴染み、汗をかいてもベタつきにくくなりますので、ローションで保水後は保湿ジェルでしっかり保湿されることをおすすめします。

実は肌に負担を掛けている汗対策

多汗症にお悩みの方の中には、汗の臭いが気になり汗拭きシートなどを使用されている方も少なくありませんね。

確かに汗をかいてしまうと汗の臭いが他人にバレないか不安となり、臭いを予防したくなる気持ちも分かります。

しかし、この汗拭きシートの使用が肌トラブルの原因となってしまうケースもありますので注意が必要です。

前述した通り、汗の拭き方によっては肌荒れの原因となってしまいます。

汗拭きシートの場合、商品にもよりますが使い捨てということもあり肌への感触が堅めのものも少なくありませんね。

こうした素材のシートで一日に何度も汗を拭き取っていると、肌へ負担が掛かり肌荒れなどの原因となってしまうのです。

汗拭きシートを使ってはいけないという訳ではありませんが、肌への負担を考えると汗拭きシートを使う際も擦るように拭くのではなく、抑えるように拭き取ることをおすすめします。

また、汗拭きシートの中には保湿成分を含んだタイプや肌に優しい素材で作られたタイプも存在しますので、こうした商品を使用することで肌トラブルの予防もできますのでおすすめです。

スポンサードリンク

このページの先頭へ