汗が出る場所によって匂いが変わる?汗の種類と汗腺について

ase_kansen特定の部位、又は全身から季節や温度などは関係なく大量に汗をかいてしまう多汗症。

一口に汗といっても汗や汗が出る汗腺にも種類があるのをご存知でしょうか?

汗に種類があるとしても汗を大量にかいてしまう以上、関係ない!なんて思われる方もいるでしょう。

しかし、汗や汗の出る汗腺の種類を知ることで、汗をかいても臭いを放ちにくくすることもできます。

また、悩みの元ともいえる「汗」について知っておくことも大切なことだといえますので是非、ご参考下さい。

スポンサードリンク

汗腺の種類

私たちの身体には「エクリン腺」と「アポクリン腺」といって汗の出る汗腺が2種類あります。

では早速、この2つの汗腺の特徴を見ていきましょう。

エクリン腺

全身に存在する汗腺で、特に手の平や足の裏に多く存在する汗腺です。

体温調節の為の発汗や皮膚の乾燥予防、腎機能補助といった働きがあり、気温の上昇や不安や緊張などによる交感神経の活性化、刺激物を食べた時などはこのエクリン腺から発汗されますので、多汗症によって出る汗もエクリン腺から発汗されているのです。

汗の性質としては、無色透明で尿に似た成分がわずかに含まれているものの主な成分は水分となります。汗自体に匂いはありませんが、汗のついた衣服やタオルなどをそのまま放置しておくと雑菌が繁殖して臭いを放ってしまいます。

要は、汗をかいたらすぐに拭き取り、汗のついた衣服は速やかに着替えることで汗の臭いを予防することができるのです。

アポクリン腺

ワキの下や乳首、へその周りや陰部、肛門周りなどに多く存在する汗腺です。

主な働きはセックスアピール、要はフェロモンを出す汗腺といったところでしょうか?

人間にはあまりピンときませんが、動物の場合、このアポクリン腺から出る臭いによって仲間同士の確認をし合ったり、異性を惹きつけるといった働きがあるのです。

動物は人間よりもアポクリン腺が発達していますが、人間の場合、進化の過程でアポクリン腺が退化した為、一部分にしか残っていないと考えられています。

汗の性質としては、にごっており主な成分は水分ではあるもののたんぱく質や脂質も含まれています。

臭いも独特で、その臭いが強い場合「ワキガ」となるのです。

ワキガにつきましては「多汗症と体臭、ワキガの関係」にて詳しく解説していますが、ワキの臭いが気になる若しくは、指摘されたことがあるという方はワキガの可能性もありますので、一度専門医に相談してみましょう。

汗の種類

多汗症の方がかく汗の多くは、エクリン腺から発汗し無色透明で臭いもないと言われています。

しかし、これは「良い汗」をかいている場合。

汗には「良い汗」と「悪い汗」があり、現代人は「悪い汗」をかいている方が増えていると言われています。

では、良い汗と悪い汗について見てきましょう。

良い汗

良い汗は、無色透明でサラサラとしており臭いもありません。

衣服やタオルなどについた汗をそのままにしておくと、雑菌が繁殖し臭いを発生し てしまうケースはあるものの、皮膚についた汗は早い段階で蒸発してしまいますし、汗の性質が弱酸性である為、皮膚についた雑菌の繁殖が少ない為、体臭とし て臭いが出やすいということはほとんどないと考えて良いでしょう。

悪い汗

運動不足や冷暖房によって汗をかきにくい方に多い汗です。

悪い汗は、ミネラルの多いベトベトとした汗でアンモニアなどの臭い成分を含んでいる為、汗の臭いが出やすくなります。

また、ベトベトしていることにより汗は蒸発しにくく、汗に含まれるアンモニアによって皮膚がアルカリ化することで皮膚についた雑菌を繁殖させ体臭の原因となってしまうのです。また、汗をかくことで血液中のミネラルが不足してしまい、熱中症や慢性疲労に陥りやすくなってしまいます。

多汗症の方の場合、季節問わず汗をかくので大丈夫だろうと思う方も少なくないでしょう。

しかし、運動不足や冷暖房の効いた部屋にいることの多い方の場合、注意が必要ですので、日頃から適度な運動を行なうことをおすすめします。

スポンサードリンク

このページの先頭へ