水分を控えれば汗が減るはウソ!多汗症の人が気を付けたい脱水症状

dassui季節や気温など環境は関係なく大量に汗をかいてしまう多汗症。

汗を大量にかいてしまうことで、肉体的にも精神的にも疲れてしまうという方も多いですね。

多汗症にお悩みの方の多くは、何かしらの汗対策をされていることでしょう。

しかし、水分やミネラルの補給まで気にかけている方は少ないのではないでしょうか?

多汗症の方の場合、他の方と比べ大量に汗をかいてしまう分、脱水症状になりやすくなってしまいますので注意が必要です。

スポンサードリンク

そもそも脱水症状って何!?

夏になると熱中症と共によく耳にするのが「脱水症状」ですね。

脱水症状とは、体内の水分と電解質が失われた状態をいいます。

私たち人間の身体は、成人の場合60~65%は水分だといわれています。この中には、細胞内液を始め血液やリンパ液なども含まれていますが体内の水分は常に循環しながらクリーニングされており、尿や汗などによって不要分は排出されていくのです。

体内の水分量は腎臓で調節されており、体内水分量が少なければ尿を凝縮して少なくし、逆に体内水分量が多ければ尿の量を増やして排出していきます。

しかし、大量に汗をかいてしまうと体内水分量が急激に減少してしまいます。

発汗によって体内水分量が急激に減少すると、血液量が減ってしまい血圧が低下、血圧が低下することで血液を必要とする内臓の働きが低下し、様々な症状が表われてしまうのです。

具体的な症状としては、嘔吐や下痢、頭痛、めまい、立ちくらみ、皮膚の乾燥や手足の冷え、意識朦朧などが挙げられます。

多汗症の方の場合、一年を通して大量の汗をかいてしまうことが多い為、脱水を起こしやすくなってしまうのです。

脱水症状を予防するには!?

脱水症状を予防するには、どうしたら良いのでしょう?

一番大切なことは、水分やミネラルを十分に摂ることだといえます。

汗をかくことで体内からは水分だけでなくミネラルも不足しやすくなってしまいます。
その為、水分補給と共にミネラルの補給も大切なのです。

しかし、一点注意して頂きたいことがあります。

水分とミネラルを同時に補給できるからとスポーツドリンクを大量に飲むのは止めましょう。

スポーツドリンクには、汗をかいた時に不足しがちなミネラルが含まれていますが、飲みやすくする為に糖分も多く含まれています。適度に飲む分には何ら問題はありませんが、大量に飲んでしまうと糖分を摂り過ぎてしまうのです。

水分とミネラルを同時に摂りたいという方は、海洋深層水(高ミネラル水)やミネラル入り麦茶などがおすすめです。一度に大量に摂らず、喉の渇きを感じる前に一口、二口と少量ずつこまめに摂取しましょう。

また、多汗症にお悩みの方の中には、汗をかきたくないばかりに水分制限をされてしまう方がいます。

しかし、水分を制限したからといって汗の出る量が減る訳ではありません。
逆に脱水を起こしやすくなってしまいますので絶対に辞めましょう。

ちょっと待って!その汗対策は本当に正しい?

スポンサードリンク

このページの先頭へ