多汗症に効く漢方があった!東洋医学で多汗症を治す

kanpou多汗症の治療法の一つに漢方薬を使った治療があります。

最近では、医療機関でも漢方薬を処方する病院も増えており、健康保険が適用されるケースも少なくありません。

但し、医療機関で処方される漢方薬には限りがある上、体質に合った調合などはできない為、ご自身の体質に合った漢方薬を飲みたいという方は漢方薬局で処方してもらう方が良いでしょう。

多汗症の治療を行なってもあまり思うような効果を得られなかった、このまま治療を続けることに意味があるのか分からないという方にとって漢方薬を用いてみるのも一つの方法ですね。

スポンサードリンク

多汗症に効く漢方はこれ

一口に漢方薬といっても膨大な種類があり、患者さんの体質や体調に合わせて処方していきます。

ここでは、多汗症の方によく処方される代表的な漢方薬を紹介していきましょう。

柴胡加竜骨牡蛎湯(サイコカリュウコツボレイトウ)

神経の高ぶりを鎮め、心と体の状態を良くする漢方薬で、緊張や不安といった精神的な部分が原因で発汗してしまう方に合ったお薬です。

柴胡桂枝乾姜湯(サイコケイシカンキョウトウ)

風邪や気管支炎、気管支ぜんそくなどに用いられる漢方薬ですが、自律神経失調症などにも効果があり自律神経と大きく関係のある多汗症にも用いられるケースも珍しくありません。

精神的な部分が原因で発汗してしまう方にも合うお薬です。

防已黄耆湯(ボウイオウギトウ)

体内の水分バランスを整える効果のある漢方薬です。

多汗症の他、肥満症やむくみ、関節炎などにも用いられています。

防風通聖散(ボウフウツウショウサン)

肥満症の方によく用いられる漢方薬ですが、体内の水分バランスを整える効果やむくみ、のぼせなどを改善する効果もあることから多汗症に用いられることもあります。

特に、肥満を伴っている多汗症の方に合ったお薬ですね。

加味逍遥散(カミショウヨウサン)

女性向けの漢方薬で、ホルモンバランスを整えたり、月経異常を改善する効果のある漢方薬です。

更年期障害などホルモンバランスの乱れによって起こる多汗症に用いられることがあります。

漢方薬を飲む上での注意点

ここで紹介した漢方薬は多汗症で用いられている漢方薬の中の極一部です。

漢方薬は、一つの症状だけに対して処方するのではなく、患者さんの体質や体調、症状など全てを診た上で、患者さんの身体に合った漢方薬が処方されます。

その為、一見多汗症とは関係ないのではないか?という漢方薬を処方されることも珍しくありません。

また、一般的に使用される薬剤と違い、体質改善を目的としている漢方薬の場合、効果の出方には個人差が大きく、また1~3ヶ月以上経たないと効果が分からないというケースも珍しくないのです。

即効性はないものの、体質を改善する上ではその効果は期待できるといえますので、漢方薬を飲まれる方は、効果を感じなくてもしばらく継続されることをおすすめします。

アセッパー
⇒ 満足度91.7%の多汗改善専用サプリ【アセッパー】
効果が無ければ全額返金!

アセッパー
⇒ 満足度91.7%の多汗改善専用サプリ
効果が無ければ全額返金!

スポンサードリンク

このページの先頭へ