アラフォー&アラフィフは要チェック!更年期障害で多汗症に?

kounenki多汗症の原因の一つに「更年期障害」が挙げられます。

実は、40歳以上の方で40代半ば頃になってから多汗症を発症された方の場合、この更年期障害が原因となってしるケースが珍しくないのです。

  • 「昔は今ほど汗をかかなかったのに、最近急に汗をかくようになってきた」
  • 「寒い場所、若しくは涼しい場所から暖かい場所、若しくは暑い場所へ移動するとすぐに汗が出る」
  • 「少し歩いただけなのに、立ち止まると汗が止まらない」

こんな症状に心当たりはありませんか?
この症状が40代半ば頃から出てきたのであれば、更年期障害が関係している可能性が高いといえます。

アセッパー
⇒ 満足度91.7%の多汗改善専用サプリ【アセッパー】
効果が無ければ全額返金!

アセッパー
⇒ 満足度91.7%の多汗改善専用サプリ
効果が無ければ全額返金!

更年期障害って何!?

更年期障害とは、ホルモンの分泌量が急激に減少することで起こる様々な体調トラブルで男女共に40代半ば過ぎ~50代前半頃にかけて起こりやすいと言われています。

では具体的な症状を男女別に見ていきましょう。

    男性の更年期障害

  • 疲労感や倦怠感
  • 肩こり、腰痛、手足の節々の痛み
  • 睡眠障害(眠れない、寝付けない、すぐ目が覚めるなど)
  • 下半身を中心に冷える
  • 憂鬱感、うつ症状
  • ホットフラッシュ、発汗

    女性の更年期障害

  • ホットフラッシュ、発汗
  • 下半身を中心に冷える
  • 肩こり、腰痛、手足の節々の痛み
  • 頭痛、めまい
  • 憂鬱感、うつ症状
  • 疲労感、倦怠感

ホットフラッシュや発汗は、女性に多いと言われていますが男性でもこうした症状に悩まれている方は珍しくないのです。

また、更年期障害による多汗症の場合、頭部や顏に汗をかいてしまう方が多いといわれていますが、全身に大量に汗をかいてしまうという方も少なくありません。

更年期障害による多汗症はどうすれば良い!?

更年期障害が原因となっている多汗症の場合、他の多汗症の方と比べ原因がはっきりしているだけでなく、一定の月日が経つにつれ症状が緩和されるという方がほとんどだといえます。

しかし、一定の月日といっても数日、数ヶ月といった短期間ではなく個人差はあるものの5~10年程は程度の差はあるものの症状は出やすくなるのです。

5~10年というとかなり長い期間ですね。

しかし、病院へ行き治療を行なうことで、症状の改善は期待できるといえます。

では、具体的に診療科目は何科となるのでしょうか?

女性の場合は婦人科を受診します。

男性の場合は、少々複雑となるのですが症状によって診療科目が変わってくるのです。

例えば、多汗のみや多汗の他に倦怠感や疲労感、肩こりや睡眠障害などの症状があるのであれば「内科」や「心療内科」へ、勃起不全や尿の出方の問題などが伴っている場合は「泌尿器科」を受診します。

また、総合病院など大きな病院の中には「男性更年期外来」といって専門の外来を設けている病院もありますので、病院へ行く前に調べてみると良いでしょう。

症状が更年期障害によるものなのか?疲れからくるものなのか?分からないという方はまずは内科を受診し、医師に相談されることをおすすめします。

アセッパー
⇒ 満足度91.7%の多汗改善専用サプリ【アセッパー】
効果が無ければ全額返金!

アセッパー
⇒ 満足度91.7%の多汗改善専用サプリ
効果が無ければ全額返金!

スポンサード リンク

このページの先頭へ