多汗症の人ってワキガなの?誤解されやすい匂いの実態

wakiga多汗症にお悩みの方の中には、大量に汗をかいてしまうことで体臭が強くなっているのではないか?周りに臭いがバレているのではないか?と不安に思われている方が少なくありませんね。

また、ワキの下に大量に汗をかいてしまう腋窩多汗症の方の場合、もしかしたらワキガなのではないか?と悩んでいる方も少なくないでしょう。

ここでは、多汗症と体臭、ワキガの関係について詳しく見ていきましょう。

スポンサードリンク

多汗症は体臭が強くなる!?

多汗症によって大量に汗をかいてしまうことで気になるのが臭いの問題ですね。

汗が出る場所によって匂いが変わる?汗の種類と汗腺について」にて詳しく解説していますが、多汗症によって出る汗のほとんどはエクリン汗腺から発汗する汗で汗自体の臭いはありません。

しかし、実際には「体臭を自覚している」「脱いだ衣服が臭う」という方も多いのも事実です。

では、汗自体に臭いはないのに、何故体臭を感じてしまうのでしょう?

その大きな理由は、2つあります。

1、汗のついた衣類に雑菌が繁殖

エクリン汗腺から出る汗は、基本的に無色透明で臭いはありません。

しかし、汗がついた衣類をそのままにしておくと衣類に雑菌が繁殖し、嫌な臭いを放ってしまうのです。

よく梅雨時期に洗濯物を室内に干しておくと嫌な臭いがしてしまうことがありますね。これは、室内の湿度が高いことでいつまでも衣類が乾かず、雑菌が繁殖してしまった結果臭いを放ってしまうのです。

汗のついた衣類をそのままにしておくと臭いが発生してしまうのもこのメカニズムと同じということになります。

多汗症の方の場合、体臭だと思っていた臭いが実は雑菌の繁殖した衣類から発生しているというケースは珍しくないのです。

その為、臭いを予防するには汗で濡れた衣類は速やかに着替えることが大切だといえます。

2、悪い汗をかいている

汗には「良い汗」と「悪い汗」とがありますが、悪い汗は、汗の中にアンモニアなどの臭い成分が含まれている為、嫌な臭いを発しやすくしてしまうのです。

悪い汗をかく方の特徴としては、運動不足の方や冷暖房の効いた室内で過ごすことが多く汗をかきにくい環境の方が多いといわれています。

多汗症の方の場合、汗をかきにくい生活ではないとはいえ、運動不足を自覚されている方の場合、悪い汗をかいてしまっている可能性があるのです。

その為、運動不足を自覚されている方の場合、適度な運動を行なう習慣をつけることで汗の臭いを予防することができます。

多汗症とワキガの関係

ワキの下に大量に汗をかいてしまう「腋窩多汗症」の方の中には、もしかしたら自分はワキガなのではないか?と不安に思われている方も少なくありませんね。

その理由としてはやはり「臭いの問題」だと言えるでしょう。

しかし、多汗症とワキガでは汗の出る汗腺の種類が違う為、汗の臭いも違うのです。

多汗症の場合、汗はエクリン汗腺から発汗し臭いはほとんどないのに対し、ワキガの場合、汗はアポクリン汗腺から発汗する為、独特の臭いがあります。

その為、多汗症だけの発症であればワキガではないということになるのです。

但し、腋窩多汗症の方の場合、腋窩多汗症ではない方と比べワキの下からの汗がとても多い為、アポクリン汗腺から出た汗と多汗症によってかく汗とが混じり臭いが出やすくなってしまったり、服に黄色いシミが出来てしまうこともありますので注意が必要です。

ワキからの汗が臭う、着ていた衣服に黄色いシミができる、人から臭いを指摘されたことがあるなど、もしかしたらワキガかな?と思ったら、一度医師に相談されることをおすすめします。

スポンサードリンク

このページの先頭へ